新築祝いのギフト選びをする際に知っておきたい相場やおすすめギフト

新築祝いのギフト選びをする際に知っておきたい相場やおすすめギフト

女性

新築祝いとは?

新築祝いとは戸建住宅を新築した時や新築のマンションを購入して入居した時もお贈りします。いわば新しい住宅を手に入れた時に贈る祝いの品という意味です。ただし中古住宅をリフォームした場合は引越し祝い、賃貸で別の賃貸に転居した場合は餞別といって呼び名が変わります。一般的には新築披露の時に持参するのが通例です。

もらった人が嬉しいと思うおすすめの商品

新築祝いで喜ばれることが多いと言われていた品はお部屋に飾るインテリアや観葉植物と言われてきました。また食器・家電製品も喜ばれますが、予め趣味を聞いておく必要があります。新築披露なのでお酒やワインといった祝い酒を持参する方もいます。最近では好みを贈る側が限定しないカタログギフトという方法に人気があります。

新築祝いに贈られるプレゼントの価格と相場

新築祝いで贈られるプレゼントの相場は、職場の同僚や友人なら5,000円~10,000円、上司や部下に渡す場合も同様です。会社からの連盟など(まとまってお渡しする)なら1,000円~5,000円です。兄弟や姉妹の場合は30,000円~50,000円、両親や祖父母でも同様です。特に親族は関係性が濃い場合は多少相場が高めになる傾向があります。

新築祝いを贈る時のマナー

新築祝いを贈るときは何でも贈れる訳ではありません。新築なので火(火事を想像)を連想させるものはいけないとされています。先方から欲しいという希望があれば別ですが、ストーブや灰皿、火のデザインがある品物といったものはタブ-とされています。また新築の家に傷をつけるようなインテリアも贈らないほうが良いとされています。

贈り物に最適なカタログギフト

最近支持を集めている贈り物の一つにカタログギフトというものがあります。昔は習わしとして新築祝いに贈る品の傾向が決まっていましたが、最近では贈っても役に立たないなら、最初から贈られる側が選べるカタログギフトのほうがよっぽど良いと評価されています。贈られた側も自分達の好きな商品が選べるので最適です。

新築祝いを贈る時に困らないためのQ&A

Q1新築祝いの水引きは何を選べばいいのでしょうか?

A1新築祝いの水引きは紅白7本で作られた蝶結びという水引を使います。この水引きは大きく分けると蝶結びと結び切りという2種類がありますが、結び切りは一旦結んだらほどけないことから結婚などお祝いのに使われます。

Q2新築祝いののしはどうすればよいのでしょうか?

A2のしの表書きについては、使い方によっても書き方が分かれます。新築祝いの時には御祝い・御新築御祝いを水引きの上に書きましょう。新居祝い(新築マンション)でも御祝い・御新居御祝いなどと記します。また水引きの下に贈り主の名前を記します。

Q3目上の人にお祝いで現金を渡すのはNGですか?

A3新築した方の多くの希望がやはり現金というコメントが多く聞かれます。ただしこれは親戚や身内からもらうケースがほとんどで、いくらうれしいからと言って目上の方に現金をお渡しするのは失礼です。できれば商品券かカタログギフトが良いでしょう。

広告募集中